Top行事・講習会適合証明技術者

適合証明技術者の最近の記事

平成26年度は「適合証明技術者」の新規・更新登録と同時に、「既存住宅現況検査技術者」の講習・登録も実施することになりました!

適合証明技術者」と(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会が手掛ける「既存住宅現況検査技術者」の講習を同日に受講することで、時間・費用を節約できます

  • ・今年度は、従来の「適合証明技術者」に加えて、希望者には「既存住宅現況検査技術者」の講習を受けることができるようになり、2つの登録に係る講習が1日で同時に受けられます
  • ・同日講習を行うことから単独で受けるよりも安い費用・短い時間で受けられます
  • ・中古住宅の売買時点の物件の状態を把握できるインスペクションサービスへのニーズが高まる中で、国土交通省の「既存住宅インスペクション・ガイドライン」に準拠した講習が受けられ、的確なインスペクション検査を行うことができます。
  • ・「既存住宅現況検査技術者」は既存住宅売買かし保険加入に際しての検査が行えます。
  • ・今後、国の中古住宅流通改革により、更なる詳細な既存住宅診断や長期優良住宅化に向けた性能向上インスペクション業務が拡大されることが予想されます。

「適合証明技術者」単独の受講もできますが、今後中古住宅流通市場の拡大とともにインスペクション検査人の需要が増えることが考えられるため、「既存住宅現況検査技術者」の講習・登録も受けられることをお勧めします。

登録受付期間:平成26年7月14日(月)~25日(金)
受付場所  :(一社)香川県建築士事務所協会
講習日   :平成26年8月28日(木)
講習会場  :サンメッセ香川
講習会形式 :DVD形式
※詳細が決まりましたら、順次お知らせいたします。


|

住宅金融支援機構「適合証明技術者」登録受付

住宅金融支援機構「適合証明技術者」登録受付の実施について

    
■ 住宅金融支援機構「適合証明技術者」登録受付を実施します。

(受付期間:平成22年7月12日~7月23日)


この制度は、住宅金融支援機構の指定した登録機関に登録した建築士事務所に所属する建築士が、フラット35(中古住宅)、リ・ユース住宅またはリフォーム融資の融資希望者等の依頼に基づき、基準に適合する物件・工事であるかの適合証明に係る業務を行っていただくものです。

現在登録している適合証明技術者の登録有効期限は平成22年9月30日までです。

 今年は新規・更新登録受付の年となり、以下のとおり登録受付を実施します。

[登録の受付方法等] → 詳しくは ご案内パンフレット(pdf) をご覧下さい
http://www.njr.or.jp/m01/10/100629/leaflet.pdf

 

■適合証明技術者の要件
  建築士法第23条に規定する建築士事務所に所属する建築士
 ※「適合証明技術者」は講習の受講が義務づけられています。
 
■登録機関        
  (社)日本建築士事務所協会連合会(登録機関事務局)、(社)日本建築士会連合会
 
■登録窓口(登録申請書提出先)
  (社)日本建築士事務所協会連合会の各都道府県の事務所協会

  (社)香川県建築士事務所協会
       (香川県高松市天神前5-18 ルモンド田中ビル 3階)
              県庁前ローソン3F   地図

◆登録受付期間


  平成22年7月12日(月)~7月23日(金)


■講習会の日程及び会場
  

講習会は平成22年8月2日~平成22年9月30日までの間に各都道府県で開催

 ※講習会の日程・会場

  香 川 

  平成22年 9月15日 (水) 

   サンメッセ香川香川県高松市林町2217-1  地図 
 
■登録申請書  
  登録窓口に備え付けてあります。
 (社)香川県建築士事務所協会
       (香川県高松市天神前5-18 ルモンド田中ビル 3階)
              県庁前ローソン3F    地図

■登録に要する費用          
  1申請1名につき登録に要する費用は以下の通りです。

 (1) 登録料 10,500円(税込)
 (2) 受講料  5,250円(税込)
  ※受講されない場合においても返還されません。

 (3) 適合証明技術者実務手引き [平成22年度改訂版] 4,500円(税込)
 
■登録有効期間
  平成22年10月1日~平成24年9月30日

 ■<「住宅金融支援機構 フラット35(中古住宅)、リ・ユース住宅、リフォーム融資制度支援情報」ホームページ> http://www.kyj.jp/


|

住宅金融支援機構「適合証明技術者」登録受付

住宅金融支援機構「適合証明技術者」登録受付を実施します

(受付期間:平成20年7月14日~7月25日)


この制度は、住宅金融支援機構の指定した登録機関に登録した建築士事務所に所属する建築士が、フラット35(中古住宅)、リ・ユース住宅またはリフォーム融資の融資希望者等の依頼に基づき、基準に適合する物件・工事であるかの適合証明に係る業務を行っていただくものです。

現在登録している適合証明技術者の登録有効期限は平成20年9月30日までです。

 今年は新規・更新登録受付の年となり、以下のとおり登録受付を実施します。

http://www.njr.or.jp/m01/08/080701-3/index.html
----------------------------------------------------------------------

[登録の受付方法等] → 詳しくは ご案内(パンフレット・pdf) をご覧下さい
http://www.njr.or.jp/m01/08/080701-3/leaflet.pdf

*適合証明技術者の要件
  建築士法第23条に規定する建築士事務所に所属する建築士

 ※「適合証明技術者」は講習の受講が義務づけられています。
 
*登録機関        
  (社)日本建築士事務所協会連合会(登録機関事務局)、
  (社)日本建築士会連合会
 
*登録窓口(登録申請書提出先)
  (社)日本建築士事務所協会連合会の各都道府県の事務所協会

    (社)香川県建築士事務所協会
        〒760-0026 高松市磨屋町6-4 香川県建設会館3F   地図
        電話 087-821-4280   fax  087-823-0712
 
*登録受付期間
  平成20年7月14日(月)~7月25日(金)
 
*講習会の日程及び会場

     講習会は平成20年8月1日~平成20年9月30日までの間に各都道府県で開催

 ※講習会の日程・会場一覧(予定・PDF)

      http://www.njr.or.jp/m01/08/080701-3/H20schedule.pdf

   (社)香川県建築士事務所協会

  平成20年9月18日(木)
  サンメッセ香川 2階大会議室(高松市林町2217-1 250)
 
*登録申請書  
  登録窓口に備え付けてあります。

   (社)香川県建築士事務所協会
   〒760-0026 高松市磨屋町6-4 香川県建設会館3F   地図
   087-821-4280 087-823-0712

 

*登録に要する費用          
  1申請1名につき登録に要する費用は以下の通りです。

 (1)  登録料 10,500円(税込) (2) 受講料  5,250円(税込)
  ※受講されない場合においても返還されません。

 (3) 平成20年度改訂版 適合証明技術者実務手引き 4,500円(税込)
 
*登録有効期間
  平成20年10月1日~平成22年9月30日
 

      http://www.kyj.jp/


|
  • TOP
  • 県民の皆様へ
  • 建築士とは
  • 建築士事務所とは
  • 建築士事務所協会会員
  • 協会会報 さぬき
  • 会員作品集
  • 良い家を建てるには
  • 設計から建築まで
  • 苦情解決業務
  • 会員の皆様へ
  • 行事・講習会
  • 連絡事項
  • 委員会
  • 協会概要
  • 協会概要
  • 入会案内
  • 賛助会
  • 賛助会
  • リンク集
  • 香川県建築設計協同組合

適合証明技術者: 月別アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち適合証明技術者カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは講習会です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。